STRパートナーズ

経営コンサルティング

大手戦略系コンサルティング会社でのマネジャー、パートナーとしてのコンサルティング経験、及び買収企業の企業経営経験による実践的なコンサルティングを提供しております。

モンゴルでのビジネス支援

モンゴルでのビジネス支援

モンゴル進出をお考えの企業、個人事業主、モンゴルビジネスの再構築を行いたい企業などへのコンサルティング、ネットワーク作りのお手伝いをします。

企業むけ研修

企業向け研修

研修講師としての経験は10余年に及びます。貴社の課題に合わせた研修設計からお手伝いいたします。

STRパートナーズ 代表 田﨑正巳

代表 田﨑正巳
プロフィール
一橋大学商学部卒業、IMD(スイス)PEDコース修了。

味の素株式会社、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)マネジャーを経て、欧州投資会社アータルグループ入社。アータルジャパンを設立し、代表取締役となりプライベート・エクイティ事業を展開。そこで、企業買収、企業経営などを10年間行う。

その後A.T.カーニー・ヴァイスプレジデント(パートナー)を経て、経営コンサルティング会社STRパートナーズを2003年設立、代表となる。

前グロービス経営大学院教授・研究科長(2006~2008年)
前モンゴル国立大学経済学部教授(2008年~2010年)
経営コンサルティング

大手戦略系コンサルティング会社でのマネジャー、パートナーとしてのコンサルティング経験及び買収企業の企業経営経験による実践的なコンサルティングを提供しております。

ベンチャー企業から大企業まで戦略作りのお手伝いをいたします。

経営コンサルティングの詳細はこちら

モンゴルでのビジネス支援

モンゴルとの縁は12年になり、モンゴルにも2年間住んでいました。

モンゴルでは、モンゴル国立大学経済学部教授をしながら、モンゴルのローカル企業向けコンサルティングを行ない、モンゴル人とのネットワークを築いてきました。

モンゴル進出をお考えの企業、個人事業主、モンゴルビジネスの再構築を行いたい企業などへのコンサルティング、ネットワーク作りのお手伝いをします。

モンゴルでのビジネス支援詳細はこちら

企業向け研修

研修講師としての経験は10余年に及びます。企業幹部向け自社課題解決型研修(アクションラーニング)、経営戦略・マーケティング研修などの経験が豊富です。

貴社の課題に合わせた研修設計からお手伝いいたします。

企業向け研修の詳細はこちら

田﨑正巳への問合せはこちら

経営コンサルティング、モンゴルビジネス支援、企業研修、取材依頼などはこちらにご相談下さい。

メディア情報や活動内容

2016年12月7日 「Invest Mongolia Tokyo」にてディスカッションのモデレーター及びパネラーを務める。

・モデレーターを務めたパネルディスカッションは「EPAの締結と両国の貿易を増やすための取り組み」と題して、日本とモンゴルが締結したEPAの影響と可能性についての討論を行った。

パネルには、下記のメンバーが出席した。

-駐日モンゴル国大使館参事官(商務・経済担当)ルンダー・ダワージャルガル氏
-日本開発サービス(JDS) 調査部 主任研究員(中小企業診断士) 井手隆道氏
-ホーガン・ロヴェルズ ウランバートル事務所 シニア・アソシエイト ソロンゴ・バヤルサイハン氏

モンゴル初のEAP締結を受け、下記の課題についての議論を行った。

-EPAの発効と両国の貿易に与える影響
-大きな非関税障壁の存在とそれらを取り除くための取り組み
-非鉱山分野のオポチュニティー
-モンゴルで活躍する日本企業の事例分析
・パネラーを務めたパネルディスカッションは「日本からモンゴル政府への提言」と題して、特に日本の投資家からの信頼を勝ち取るためにモンゴル政府がすべきことについての討論を行った。

パネルには、下記のメンバーが出席しました。(モデレーターはホーガン・ロヴェルズ ウランバートル事務所 代表パートナー クリス・メルビル 氏)

-ニック・エドワーズ投資顧問Nick Edwards氏
-元在モンゴル日本全権大使城所卓雄氏
-IMFモンゴル事務所長 Neil Sake 氏
-STRパートナーズ代表 田崎正巳

現在のモンゴル政府及び政治家への信頼度は低く、特に政治家自身の意識改革が必要であることなどの討論を行った。

2016年11月28日 浜松市において「モンゴル経済セミナー」(静岡県、ジェトロ静岡・浜松共催)の基調講演を行う。

本セミナーは、本年6月に日本とモンゴルとの間で経済連携協定(EPA)が発効し、今後、両国間でビジネスチャンスが拡大していくことが期待されているとの認識のもと、主に静岡県の企業向けに開催された。

「モンゴルから見える、日本の中小企業の可能性」と題した基調講演を行った。モンゴルは大企業よりもむしろ地方の中堅・中小企業により多くのチャンスがある旨お話ししたところ、多くの方々からのご質問やご意見を頂き、大変活況ある講演会となった。

東京でもまだまだモンゴルに対する市場認識は薄いが、地方企業には十分チャンスがありながらもほとんど理解されておらず、今後ともこのような啓蒙活動が必要だと感じた。

2015年以前

2015年12月9日 「Invest Mongolia Tokyo」にてディスカッションのモデレーター及びパネラーを務める。

・モデレーターを務めたパネルディスカッションは「EPAの締結と両国の貿易を増やすための取り組み」と題して、日本とモンゴルが締結したEPAの影響と可能性についての討論を行った。

パネルには、下記のメンバーが出席しました。
- 原口総合法律事務所 原口薫氏
- 青山学院大学教授 磐田伸人氏
- 駐日モンゴル国大使館参事官(商務・経済担当) Davaajargal Lundaa 氏

モンゴル初のEAP締結に向けて、多くの期待がある一方、現状は非関税部門での改善が必要との認識が見られた。

・パネラーを務めたパネルディスカッションは「モンゴルにおける海外投資の課題と可能性」と題して、モンゴルにいかに海外投資を呼び込むかについての討論を行った。

パネルには、下記のメンバーが出席しました。(モデレーターはホーガン・ロヴェルズ ウランバートル事務所 代表パートナー クリス・メルビル 氏)
- モンゴル国会議員(前外務大臣) BOLD Luvsanvandan 氏
- 在英モンゴル商工会議所会頭 John Grogan 氏
- 東京証券取引所上場推進部課長 永田英俊 氏
- IMFモンゴル事務所長 Neil Sake 氏
- フロンティア証券 創業者兼CEO 井形正晃 氏
- STRパートナーズ代表 田崎正巳

現在のモンゴルの状況は非常に厳しいが、透明性、公平性を改善することで、海外からの投資は増やせるとの討論を行った。

2013年12月11日 「Invest Mongolia Tokyo」

2013年12月11日 「Invest Mongolia Tokyo」にてスピーカー及びディスカッションのモデレーターを務める。

・講演テーマは「日本企業にとってのモンゴル市場」
・パネルディスカッションは「Non-mining sectors – other opportunities」と題して、モンゴルにおける鉱山資源以外のビジネス機会についての討論。

パネルには、下記のメンバーが出席しました。
-欧州復興開発銀行(EBRD)モンゴル副代表Azjargal Ulziitogtokh 氏
-在モンゴル・カナダ大使館カウンセラーのMaxim Berdichevsky 氏
-International Finance Corporation (IFC)のモンゴル代表Tuyen D. Nguyen 氏
-ブリッジグループ会長 Davaajargal Lundaa 氏

限られた時間ではありましたが、パネラーの多くが「モンゴルの農業」への期待が大きかったのが印象的でした。

  • 「ビジネスパーソンのための断捨離思考のすすめ」(2010年12月、同文館出版)
  • 「日本・モンゴル国交樹立40周年記念事業」として同上本をモンゴル語に翻訳し、出版。
  • (2011年6月、ウランバートル)
  • ラジオ日経(2011年9月22日)「Bizステージ・リーダーの条件」に出演。「生き方としての断捨離~自分軸に考えてみよう」
  • ラジオ日経(2011年9月15日)「Bizステージ・リーダーの条件」に出演。「ビジネスパーソンの断捨離~情報は現場にあり!」
  • ラジオ日経(2011年9月8日)「Bizステージ・リーダーの条件」に出演。「ビジネス断捨離の心がまえ~経営者は今を見て未来を良くする」
  • ラジオ日経(2011年9月1日)「Bizステージ・リーダーの条件」に出演。「ビジネス断捨離のすすめ~自社の得意なことに集中しましょう」
  • FM東京 (2011年9月5日)「Blue Ocean」に出演。「ビジネスと断捨離」

田﨑正巳のモンゴル徒然日記

店のコンセプト維持は難しい?
一昨年来、3500トゥグルグショップ(日本でいう100円ショ...

チャレンジか無謀か?でも素晴らしい!
今日は6月1日です。モンゴルでは子供の日(子供とお母さんの日...

通訳も大変です。
今日も終日ミーティングの連続でした。ま、ミーティングやインタ...

大相撲は1場所17日制?
今日はずっと部屋の中でミーティングをいくつもやっていたのです...

今年3回目のモンゴルです。
飛行機は満席でした。前日全勝優勝を果たした白鵬も搭乗してまし...

掲載誌 紹介

Copyrights All Rights Reserved by STR Partners Inc.